ドラクエ10

最強レグへの道【その2】

投稿日:

09999-9989672
これまで2勝してきた最強レグナードだったけど・・

1勝目は完全未称号者たちだけだったのかすら不明。
2勝目のPTはパラが未称号者だったけど、魔法2人は称号持ちのおそらく手慣れた方。

わたしの変なこだわりで、ほぼ未称号者だけで最強レグに勝てるか?
未称号同士で何度も挑んでコツを掴んで打ち勝った時、この称号が仮免から本免に変わることにしました。

でも、普通に経験者込みでワイワイ行くのはもちろん楽しいので、それはまた別(^^)

称号の価値は人それぞれです。
取ってしまえば、最強討伐完了!
その考えも、ごもっとも。

これは私の中の勝手な称号遊びルールなので、気にしないでください(笑)


09999-9989673
さて、今回の最強レグ募集は人任せにしないで、自分で募集しました。

「3討伐済み 4未クリアの人、1飯分」

これを条件に募集。
さぁ、これで挑戦です!

結果ですが、ボロ負けでした:;

レグナードのすり抜けが多く、
テール攻撃も聖女があるおかげで生き残る魔法さん。
そしてダイブが来る度にどちらかの魔法さんが大体死亡。

蘇生してるおかげで聖女もキラポンをまく時間も厳しい。

パラのズッシ更新もままならない状況。
そうこうしてるうちにパラも死亡;

そしたら今度は雷でキラポンかけられてない魔法に直撃。
キラポンまく時間なーーーーい><

「3討伐済みで、最強未クリア」の条件で募集をかけても、こうなりました。

みんながみんな、毎日挑戦してるわけじゃないし、久々に挑戦する人たちだった可能性もありますよね。

09999-9989674
でもやっぱり初勝利の時は、誰かしら称号持ちの手慣れた人がいたんじゃないかと思えてきました;

3と4の違いって、最大HPや攻撃力&防御力の違いであって、敵の行動パターンに大差は無いはず。

私がパラを蘇生してる間にレグを引っ掛けてくれる人もいないので、レグが走り抜けて魔法使いさんにガブガブ→死。
次の魔法使いさんにもガブガブ→死。

たぶん私も魔法使いやったら、補助壁も出来ないまま、こうなるんだろうな(^^;)

こうなった段階でのレグの調子に乗り出す行動ったらないですよね;
もうやりたい放題の連続攻撃。

生き返らせては死んでいくパターン入りました;
この圧倒的不利な状況、最強レグをやったことある方なら想像がつくのではないでしょうか。

もう大混乱で4人の位置が散り散り!
レグもあっちこっち走り回って、パラさんもレグの前に回り込めないという;

絶対ではないと思いますが、状況次第でタゲじゃない魔法さんがライン維持のために補助壁できるできないで、変わってくるものだなぁと。

09999-9989679
みんなそれぞれ一生懸命頑張ったとは思いますが、3回全滅して、
「惜しかったねー!」って、励まし合える戦いにはなりませんでした・・

パラさんに至っては
「お疲れ様でした♪ ☆彡どうもありがとう!」
という定型文を出しつつも自らPT抜けて行っちゃった(^^;)


戦闘中ですらこれは無理かも・・って空気流れ出したもんね(苦笑)
うん、気持ちはわかります・・
わたしだって上手くはないし、失敗もします。

これを持って、やっぱりあの称号獲得はわたしの実力じゃない気がしてきました。

09999-9989677
というワケで気分を変えて、2月4日(木)はフレさんたちとも一緒に最強レグに挑戦しました!
・ヒロちゃん(パラ)
・ウールーズさんとダスカさん(魔法使い)

赤まで行ったけど時間切れ;
めちゃ惜しかった

振り返ってみると、それぞれミスがあったことを告白w

わたしは大事な時にコマンドミスしてビッグシールドしてしまって、貴重な1ターンを損失;
その1ターンがあれば、ヒロちゃんにキラポンまけました。
おかげで雷ちゅどーん!感電ビリビリΣ

聖女も大事ですが、キラポンもかなり大事。
レグが怒ってない時は、聖女よりも大事な時があるくらい。

最悪の最悪、聖女まく時間なくてもテールはジャンプで回避可能。
これはPT全員のジャンプ回避の信頼というお力を借りることになりますが;
でも落雷だけはどうにも出来ません。

怒り状態での雷は、後衛陣の耐久力では一撃死級のダメージなのでキラポンあっても死にます。

魔法使いが死んでから蘇生後の早読み&覚醒の準備時間は、かなりのタイムロスなので死なせないように必死です!

時間切れでクリアできなかったけど、フレさんたちと行く直前に野良でボロボロだったため、この安心感と安定感が心地よかったです。

▼ブログランキング参加中!
応援していただける方はクリックお願いします!

-ドラクエ10

Copyright© お気楽ごくらく | イラストとドラクエブログ , 2017 AllRights Reserved.